2023/01/29

在庫準備

 春の解禁、そしてイベントに向けて

準備を進めております。


ブレイデッドテーパーリーダーSOFT

6ftと7ft6inの2種類を在庫します。



2023/01/28

テーパー部分をつなぐ

 本日はシルクラインの修理です。


このシルクラインは

長年ご愛用していただいていたのですが

シルク繊維の強度が低下により

テーパー部分が簡単に切れてしまう様な状態でした。


修理のメニューは

新しく作ったテーパーラインを

既に樹脂の塗り直しが済んでいる本体と繋ぎます。


この後は樹脂オイルのコーティング工程に進めます。

2023/01/27

研究観察

 本日は樹脂の研究観察してます。


シルクラインを作るためには欠かせないオイル樹脂。


いろいろな樹脂やオイルの相性を見ながら

フライラインに適したブレンドを研究しています。





キースヘリング的な模様にも見えます(笑)


2023/01/26

毎年のこと

 そして今日は

絹紐に樹脂オイルを染み込ませ。


並行して他のシルクラインの作業を進めていますが

イベントの開催日がだんだんと近くなってくると

何となく気持ちが落ち着かない。


渓流の解禁も迫っているが

イベントが終わるまではそれどころではない。

毎年のことではありますが

バタバタしています(笑)



2023/01/25

生まれた

 本日も新しいシルクラインが生まれた。

ダブルテーパーの#5wtです。



このラインはご注文品

長い間お待ちいただいていたお客様へお届けです。

2023/01/24

漸く

最後の仕上げ磨きを終えたシルクライン

3ヶ月もの月日をかけて漸く完成が見えてきました。


こちらのラインはDT#6です。



2023/01/23

繊維の奥まで

 各シルクラインごとにわけたものを

秘伝の樹脂オイル(大それたものではない)

が入った容器にに浸けて絹紐繊維の奥まで染み渡るのを待ちます。


一晩浸けこめれば十分です!



2023/01/22

少しずつ準備

 イベントに向けて

少しずつ準備を進めてます。

画像はフライディスプレイ

作ろうと思えば簡単ですが

やっぱり面倒くさいと思う貴方へ(笑)

2023/01/21

滑らかに

 コーティング工程がおわり最終段階へ

表面を磨いて滑らかになるように仕上げていきます。

画像はDT#5のシルクライン

ベリー(太い側:左)とティップ(細い側:右)です。

2023/01/20

デザイン確定

 本日の作業も

ゆっくりではありますが進んでいます。


樹脂を染み込ませる前にティップの長さを確認

そして印をつけて1巻1巻分けていきます。

この時点でデザインが確定します。

今回は3wtラインになります。

2023/01/19

コーティングの前に

 磨きを終えたシルクフライライン

コーティング工程の前に検査を行います。





2023/01/18

きれい汚い

 美しい絹紐が編み上がっています。

それと引き換え

指が汚いぞ(笑)

2023/01/17

設計通りの仕上がり

 本日は洗浄を済ませた絹紐の検査です。

全長、テーパーの寸法を測り

設計通りのデザインに仕上がっている確認します。


そして次の工程に備えます。