2021/08/02

表面を均一に

本日は


樹脂の含浸後に十分に硬化したラインの磨き工程です。


表面が均一になる様に磨いて


余分な樹脂を落とします


 


とても時間のかかる作業ですが


仕上がりを左右する工程なので


しっかりと磨き上げます。

2021/08/01

水面に浮かぶシルクライン3

作業を進めている間に

実験を行いました。


以前にも行なった実験ですが

水面に浮かぶシルクライン2↓


画像の様に

シルクラインの切れ端と樹脂を

水面に浮かべてみました。


 

シルクラインは表面張力を保っている間は

浮いてますが

表面張力が破れると沈下します。




樹脂は水より比重が軽いので浮いています。



シルクラインは

絹糸よりも

樹脂の割合が多い方が

水に浮きやすいラインになるのかもしれません。

2021/07/31

3シーズンは使っている

このシルクラインは

現在使っているもの。



DT#3stdです。

 

3シーズンは使っているので


それなりに汚れて


色も土色になってきて


上面の樹脂も薄くなって糸目が目立ってきている。




釣りに使うには抜群に良く


しなやかさに仕上がっていてる。

2021/07/30

シルクラインのコーティング

 この画像は


樹脂コーティングする前のライン





そして


こちらの画像は


コーティングが完了したラインです。



表面の糸目(凸凹段差)がなくなり


ツルッとしています。



できるだけ樹脂の層が暑くなりすぎない様に


これくらいの厚みがベストと考えています。

2021/07/29

使い込んだシルクライン

 先日の投稿で紹介したライン



画像を見ていただくとわかるのですが


表面の樹脂が無くなって


はっきりと糸目が出ています。




このシルクラインは

使い出して8年くらいのものだと思います。


表面樹脂が落ちた分

少し軽くなったと思います。


今現在もシルクラインとして

十分に使う事ができますが

そろそろ再コーティングしても良い時期なのかもしれません。


2021/07/28

続 素材テスト

素材テストは継続中



少しずつではありますが


各テストブランクの特徴が見えてきます。



シルクラインに最適な組み合わせが


見つかるはず。

 

2021/07/27

フロロカーボン

 フロロカーボン製のブレイデッドテーパーリーダー


製品規格がようやく決まってきた



もう少し決めていく事がありますので


発売まで


もうしばらくです

2021/07/26

ホッと一息

 本日も新しいシルクラインが生まれた。



この段階までやく3ヶ月


実際は他のラインも並行して作業を進めているので


それ以上の月日が経っています。



ここまでくると


ホッと一息です(笑)

2021/07/25

シルクラインの保管について

 シルクラインの保管方法について


以前にも投稿してますが




このラインは


赤黒く黄変していましたが



太陽の光に当てておくと


黄色い明るい色になりました。



亜麻仁油の特徴として


黄変するのですが


紫外線を浴びる環境にいると


黄変を押させる事ができます。



既に赤黒く変色したラインも


明るい色に戻ろうとする様です。



私の場合


釣りで持ち出すとき以外は


ほぼ干したままです。



皆さんのシルクラインは

どんな環境で保管していますか?

2021/07/24

硬化完了

 絹紐に樹脂を染み込ませ


十分に硬化しました。




この状態では


糸目がボコボコと出ていて


重量も足りないので


樹脂を塗り重ねていく事で


糸目を埋めて


滑らかな表面を作っていきます。

2021/07/23

久しぶりに入荷

 しばらく欠品しておりました


ハット(モスグリーン) 各サイズが入荷しました。



ご予約いただいておりました方々に


順次発送しております。






◆帽子製作ヒストリーBlog ↓

 https://yanosilkline.blogspot.com/2019/04/blog-post_10.html

2021/07/22

昆虫さんいらっしゃい No.9

本日は


この夏の最高気温となった1日



作業部屋もエアコンフル回転のおかげで


無事に過ごす事ができました(笑)





スズメガ


シャチホコ蛾


玉虫にクワガタムシ(ミヤマクワガタ♀)


家に転がり込んできたコガネムシ




今日は昆虫との出会いも熱かった




2021/07/21

実験を楽しむ

さてさて、


今日はシルクラインに塗付ている樹脂の研究です。



色々な樹脂を絹紐に塗って


樹脂が固まったところです。




この状態になると

樹脂それぞれの特徴が見えてきます


飴玉のように艶が出てる物や


艶消しになった物





こうした実験を繰り返しながら


素材と仲良くなって


対話する事ができます(笑)