2018/10/15

秋季キャスティングスクールが始まります

渓流オフシーズとなり

休日はどう過ごされていますか?

自宅でのんびり過ごしている


また

海や管理釣り場へとシフト変更している

オフシーズンの過ごし方は皆様いろいろですよね。

そんなオフシーズンにぴったり(笑)


そろそろ

キャスティングチェックはいかがでしょうか?


来シーズンに向けて?

北海道遠征?

ソルトフライに初挑戦??

夏の暑い間、休校しておりました

キャスティングスクール(グッドループス主催)が

10月21日(日)に開催されます。


スクールでは、キャスティングチェック

新しいターゲットの為のタックル相談などなど

みんなで楽しくキャスティング 練習しませんか❓

皆様のご参加を心よりお待ちしております。




詳しくは

グッドループスのブログをご覧下さい。
         ⬇︎
GoodLoopsフライキャスティングスクール



フェイスブックページはこちら↓

2018/10/13

シルクラインのテーパーは沢山あっても良い?

シルクラインの制作ですが

来シーズンに向けて進んでおります。


現在、編み上がったラインテーパーの確認中

編み立て ➡︎ 精錬 ➡︎ ガス焼き加工(糸のケバ取り)後

仕上がり検査、及びテーパー寸法を確認です。

画像はDT#3std

テーパーデザインの話

ここ数年の間で少しずつテーパーデザインは変化しております。

初期の頃に比べるとテーパーは長くなる傾向です。

ティップの太さ(直径)も以前より太くなってます。

シルクラインと合わせるロッドや

色々な釣り場を想定するとラインテーパーは

(あーでもないこーでもない) と言う感じです(笑)


こうなってしまうと

1つの番手にスタンダードテーパーとロングテーパー

そしてショートテーパー を加えた3種類を

ラインナップする事も考えなければなりません。


まだまだ自分も含め?(笑)

進化は続きます。


Double Taper #3

2018/10/12

Meetup!の打合せに行ってきました②


今年3月の開催では

東知憲氏、嶋崎了氏、渋谷直人氏にご賛同していただき

快くタックルを貸し出ししていただいいたので

来場者の方々に 実物に触れ、試し振りをしていただくことが出来ました。


実際に見て試してもらえたことで喜んでいただくことが出来たのは

イベントの中で良かった事のひとつだと思います。




















次回開催時にぜひチャレンジしたいこととして

キャスティングプール

以前より構想しておりました

キャスティングプールを設置を検討中です。


会場には芝生エリアがあり、オーバヘッドキャストは可能ですが



キャスティングプールが欲しい…


ぜひ実現できる様にと思っています。

画像はマレーシア フライフィッシング フェアでの様子



















 出典:sportfishin.asiaより引用


12月まで準備は続きます。

たくさんの方々に遊びに来てもらえる様に

楽しみながら準備に励みたいと思っております。


2018/10/11

Meetup!の打合せに行ってきました

先日、Meetup!! (12月2日開催)の会場に

打ち合わせに行ってきました。




















イベント会場について既にお知らせさせて頂いておりますが

大阪市柴島にある大阪浄水場に併設されております水道記念館です。


ここは大阪旧浄水場跡地で今は大阪重要文化財に指定されており

館内は見学者向けの展示施設となっております。




















打ち合わせは、施設の利用規則の確認と

イベント当日の利用内容の説明など

施設責任者として大阪市の担当者の方々と

実行委員会メンバーで楽しく打ち合わせをしてきました。


たくさんの方々に来場してもらえる様に

イベント開催までに何が出来るかなどの話をしていたのですが

今からイベントが楽しみになって帰って来ました。(笑) 



「Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA」につきましては➡︎こちら⬅︎



#Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA

2018/10/04

シルクラインの保管(オフシーズン編)

禁漁になって数日

シーズン中に活躍したタックルも

ぼちぼち片付けの頃でしょうか。


以前、シルクラインの保管について少し書きましたが
※過去の記事は➡︎コチラ⬅︎


今回はオフシーズンの管理方法です。


シルクラインの保管方法は基本的な変わりはないですが

長期間保管する場合の目安にして頂ければと思います。


①まずは乾燥です

シルクラインをリールから出して、ラインをしっかりと乾かして下さい。

こちらはいつもと同じ作業ですね。


②次に、ラインのクリーニングです。

澄んだ水の渓流で使ったラインでも汚れは付着します。

シーズン中に使い込むと一層に汚れも付いてしまいます。

クリーニング手順は

しっかりと乾いたラインにグリスをぬります。

この時のグリス量は、少々多めに塗りつけて下さい。

そして、布(またはティシュ)で拭き取ります。

ラインを軽く引き抜く感じです。

「ゴシゴシ」と力を入れて拭き取らなくても良いです。
 
クリーニング終了です。

これでシーズン中の汚れはキレイになります。


後はライン全体が空気に触れる状態にできたら終了です。


シルクラインの手入れは大変だと

イメージされてる方も多いかと思いますが

この2つの作業を

しっかりやって頂くと来シーズンにはまた元気に活躍してくれます٩( 'ω' )و



2018/10/03

お気に入りの帽子ってありますか?

お気に入りのハット(Hat)


私、

昔から気に入った物があると

ずっと使い続けて

自分で直せる物は直して永く使う性分。


この帽子も使って洗ってをどんどん繰り返して

所々修繕をし、すっかり頭に馴染んでいい感じになって


今では1番のお気に入り


気がつくと10年以上愛用していました。



同じ帽子を購入したいと思って探してみたものの見つからない

さてどうしよう…。

“ ちっさいわ〜 ”    そ、それがどーしたっ!  (^^;






#hat #watershiptrading #capeflattery 

2018/10/02

2018渓流禁漁


今年の渓流シーズンが終了しましたね。

振り返ってみると今年も楽しく充実した釣行ができたと思います。

四国や北陸、遠征にも行く事が出来ました。

















好きな釣りを楽しむことはもちろんですが

釣行では、シルクラインの性能や機能性など

実際使ってみた時にどうなのかを知る為に

とても大切な時間となります。


実際、使い続ける事で初めて分かることもあり

新しい発見や改良点などが見つかり

より良いライン作りの勉強になっています。


もちろん何よりも

実際にシルクラインを使っていただいてるお客様からの

ご意見、ご感想も製作の参考にさせていただいています。

・シルクラインは手入れなどいろいろ大変だと思って

 使用を躊躇してたけど、思ってるより簡単で楽しかった。


・ケミカルとの違いがこんなにあるのかと驚いた…などなど

本当に皆様からいただくご感想がとても励みになり嬉しく思います。



次の渓流シーズン解禁までに

より良い物をどんどん製作していきたいと思っています。


2018/10/01

Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA No.3開催決定!

Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA 第2回開催

2018年12月2日日曜日

今年の3月に初めて開催したミートアップイベントですが
夏の2回目に続き、第3回目の開催が決まりました。

Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA No.3


関西ではフライフィッシング関連のイベントが
なかなか開催されることが少ないので
継続して開催出来ることとなり嬉しい限りです。

気になっていたいろんな商品を
実際に見たり手に取ってもらえたり試してもらえたり…

あと、こんな人が作ってはったのか〜などなど…(笑)


関西フライフィッシングを盛り上げていきたい!

と思っていただいているメーカーさんやユーザーさんのお力を借り
それぞれが主催者になって一緒に楽しく過ごせるイベントを目標に頑張っています。

現在、いろんなメーカーにお声をかけさせていただいております。
突然の連絡に驚かれてる方が多いかと思いますが…(^-^;

現在参加して頂けるメーカーさんは
フェイスブックイベントページにて順次発表しております。

Facebook「 Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA」

現在も賛同して下さる方々まだまだ募集中です。
遠方の方でも面白そうかも?と思って下さったら大歓迎です。

皆様のご参加をお待ちしております。



【開催場所】
会場は、大阪の皆さんの生活水を支える、柴島にある大阪水道記念館
 ※当日は駐車場を解放します。